GREETING / ご挨拶

「人の本来もつ個性が発揮される状況」を
つくり合うこと

この言葉は、たまたま2021年の元旦に寄稿させてもらった新聞の記事のタイトルです。これまで生きてきた自分の根っこの部分でもあり、これからも是非ともこれからもやっていきたい思っている。

私は過度な利益や効率の追求で、大切なことを見失ったり、発揮できない人が生まれることに、とても心が”ざわざわ”とする。 10数年前から社会課題と関わるプロジェクトへの関わりが増えたのも、人がその人らしく存在することを阻害する社会に反応しているからだと思う。

これまで様々な「共創」の場面に立ち会ってきた。セクターも超える企業や自治体、市民の共創のプロジェクトの現場だ。世の中にはたくさんの資金や時間、声の大きさで実現できる事業もあるけれど、共創は従来の仕事の組み立て方ではうまくいかない。それぞれの立場や状況があるなかで、たくさんの人のあり様に配慮しながら、自分や会社の存在を位置付けたり、貢献し合っていかなければならない。一般的なビジョンや計画なんかが邪魔になってしまうことも多い。

私が関わりたいのは、それぞれの善根を発揮させていくような、やさしくて、余白もあるような試みの集合体だ。組織や肩書きを超えた個人の内発的動機から立ち上がっていく実験場だ。 こっちのほうがおもしろいし、豊かなアウトカムが生まれる。

そして、わたしはその内発的動機から共創事業を立ち上げていく人の応援が、ものすごい得意である。下の名前(展広)にもオープン・イノベーションが入っているくらい、この役割がしっくりきている。
これからも、善根を発揮する人たちと一緒に進めていきたい。

事業の社会性、公益性を高める議論の場があればご連絡ください。

2021/01/01

前田展広